なぜ野山の草木は元気なの?

それは植物の根と共に生きている菌根菌という共生微生物やその菌の周辺および内部に生息するパートナー細菌(PB)と連携し、空気中の窒素や自然の栄養を植物に運び、植物の生長を支えているからです。これらの土壌有益微生物は、植物の環境ストレス耐性や病害虫抵抗性を高めることにも貢献します。このような自然の原理で植物が健全に育っていることで、農薬を使っていないのに病害虫を寄せ付けないことになるのです。

菌根菌とPBのお話

発明と新技術

“Sustainable”という英単語の意味は?

遺伝子変異が起きているアーバスキュラー菌根菌,Rhizophagus irregularis がわが国の自然環境を破壊する

JSTにおける「アーバスキュラー菌根菌の純粋培養に世界で初めて成功」の問題について

最新情報